梅ヶ枝中央法律事務所TOP > 取扱業務分野 > 債権保全・回収

法人向け

債権保全・回収

企業間の商取引における仮差押や仮処分といった債権保全や強制執行等による債権回収は当事務所の得意としている分野の一つです。

 企業においては、その事業活動に伴い、日々様々な債権が発生します。売掛金や請負代金等、それらの債権の中には、相手方が任意の支払いに応じないなどの理由によって、法的手段による債権回収が必要となるものも少なくありません。

 当事務所では、企業の事業活動に伴い生じた未回収債権について、相手方との交渉や、訴訟・強制執行などの法的な方法により、回収を行います。具体的には、仮差押や仮処分により債権を保全する場面と、強制執行等により債権を回収する場面があります。

 債権回収までに一定の時間を要する場合に、あらかじめ仮差押や仮処分などの民事保全手続きを行うことによって、将来の債権回収を担保することができます。これが仮差押等による債権保全です。また、訴訟に勝訴したり、和解により相手方が債権の支払いを約束したにもかかわらず、相手方が支払いに応じない場合に、裁判所への申立てによって強制的に権利の実現を図る制度が強制執行による債権回収です。当事務所は、複数の金融機関・サービサーの顧問の経験を元に、債権の保全または強制執行を要すると判断される案件について、必要な法的手続・アドバイスを行います。

債権保全・回収についてのQ&A

(信用不安)
我が社の取引先の経営状況が良くないと聞きました。我が社はその取引先に売掛で商品を卸しています。これからどのように対応すればよいでしょうか?
 まずは情報収集が先決です。取引先に出向いて、代表者や担当者と面会したり、取引先の得意先、仕入先等にも照会して、取引先の営業状況や在庫数、資産状況等について変化がないか確認するべきです。また、取引先や代表者の資産状況、担保設定、差押えの有無等について、不動産登記や債権譲渡登記等を確認しておくべきです。
 一方で、自社の債権保全状況(債権額、担保や保証の有無、担保等で保全できない債権額、支払条件、期限の利益喪失条項等)を確認しておきます。
 そのうえで、既存債権の回収、新たな保全措置(担保、保証の徴求)、担保の実行等について、早めに方針を立てておくべきです。
 なお、信用不安時に債権回収や保全措置等を行うと、後日、詐害行為取消権、否認行使の対象となる可能性があります。しかし、これらのリスクをおそれて対応が後手になるよりは、慎重且つ果敢に先手を打つことが重要です。
我が社の商品をB社に販売しましたが、その後すぐに不渡りを出したと聞きました。我が社の商品を取り戻したいのですが、可能でしょうか?納品直後に不渡りを出しており、取り込み詐欺ではないかと思うのですが、刑事告訴することはできますか?
 納品した商品がB社のもとに存在している場合、B社の協力が得られるのであれば、売買契約を解除して商品を取り戻すことが可能です。
 B社の協力が得られない場合、動産売買先取特権を行使することが考えられます。動産売買先取特権とは、動産の売主に対して、売買代金債権を担保するため、売り渡した商品から優先的に弁済を受けることができる担保権のことであり、特に当事者間で合意がなくても法律上当然に認められている権利です。もし、B社が既に商品を転売していたとしても、転売先から未だ代金の支払いがない場合は、B社の転売先に対する売掛金を差押ええることにより回収を図ることが可能です。
 以上の動産売買先取特権の行使は、裁判所による差押えによって行う必要があります。
 なお、不渡り間際の注文が詐欺に該当するかは、B社の代表者ないし従業員が、注文時に、代金の支払いが不可能であることを認識していたかどうか、つまり、故意があるかどうかによって判断されます。代金の支払いが不可能であると知りながら、商品を納品させたと認められる場合は詐欺に該当する可能性があります。
法律問題などいろいろご相談ください。06-6364-2764 03-5408-6737初めてのお客様は一律5,250円でご相談いただけます
弁護士費用についてはこちら取扱業務分野についてはこちら
アクセスマップ 大阪事務所
大阪事務所地図
住所

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4丁目3番25号 梅田プラザビル2階(受付)
TEL : 06-6364-2764 (代表) FAX : 06-6311-1074

電車

谷町線南森町駅2番出口から国道1号線を西へ徒歩8~10分、西天満交差点を50m左手です。

自動車

阪神高速環状線からは北浜出口、大阪守口線からは南森町出口でお降り下さい。
(事務所近辺は、一方通行が多く駐車場も少ないのでご注意ください。)

大阪事務所・東京事務所アクセス詳細はこちら

東京事務所
東京事務所地図
住所

〒105-0003 東京都港区西新橋3丁目6番10号 マストライフ西新橋ビル302号室
TEL : 03-5408-6737 FAX : 03-5408-6738

電車

新橋四丁目交差点を西に100m左手、愛宕一丁目 交差点を東に200m右手です。

自動車

首都高速都心環状線の霞ヶ関出口、新橋出口でお降り下さい。

東京事務所アクセス詳細はこちら

京都事務所
京都事務所地図
住所

〒600-8491 京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地 オフィスワン四条烏丸1002号室
TEL : 075-353-5375 FAX : 075-353-5374

電車

四条烏丸交差点から四条通を西に100m、室町通を南に50m。旧京都産業会館(現在、京都経済センター(仮称)に立替工事中)の西向い、四条室町交差点南西角のたばこ屋より2軒隣のビルです。

京都事務所アクセス詳細はこちら